チャレンジ!自費出版! すべての自費出版を応援する。チャレンジ!自費出版! Windows DTPの共和印刷(大阪) 各種印刷・制作から自費出版まで サイトマップ 会社案内 HOME
HOME > MENU > 出版・印刷の基礎知識

出版・印刷の基礎知識

ここでは出版・印刷についての基本的な情報をご説明いたします。

出版書籍のサイズ

自費出版で何を作るかによって書籍サイズを選んでいただきます。
もちろん、このジャンルだからこのサイズ!と決まっている訳ではありません。ここでは基本的なサイズをご紹介いたしますが、小説をA4サイズで制作しても写真集を単行本サイズで制作しても良い訳です。もちろん基本的なサイズでない寸法を選ぶことによって制作コストなども変わってくる場合もありますので、その辺も上手に考えて選んでいきましょう。

用紙種類 用紙サイズ 主な用途
A4判 210o×297o 週刊誌、写真集、社内報など
B5判 182o×257o 辞典、地図、教科書など
A5判 148o×210o 学術書、専門書、雑誌など
四六判 127o×188o 小説文庫本、文芸書など

※この表示サイズ以外の寸法もご相談いただけます。

用紙の規格サイズ
A1

841×594o

B1

1030×728o

A2

594×420o

B2

728×515o

A3

420×297o

B3

515×364o

A4

297×210o

B4

364×257o

A5

210×148o

B5

257×182o

A6

148×105o

B6

182×128o

A7

105×74o

B7

128×91o

製本(綴じ)について

印刷した原稿を本にする為には製本という作業が必要です。
製本とは印刷した用紙を製本方法に合わせて、綴じて行く作業でコストや制作する書籍に合わせてお選びいただきます。

製本名称 製本タイプ 主な用途
中綴じ 中綴じ 週刊誌、パンフレットなど
平綴じ 平綴じ 週刊誌など
無線綴じ 無線綴じ 文庫本など


製本の種類は大きく分類すると下記の4種類になります。
【上製本】
ハードカバーと呼ばれ、表紙をボール紙に貼り中身を綴じ込む方法。高級感と耐久性がある製本です。ハードカバーに金や銀などの箔押し加工ができます。
別途、書籍ケースなども制作が可能です。
【並製本(無線綴じ)】
ソフトカバーと呼ばれる製本方法。本文の背を糊づけして厚紙の表紙に中身をくるむように綴じます。書籍の中で一番多く扱われる製本方法です。
【平綴じ】
本文の背から数ミリ程度の位置に針金で留めて表紙をくるむ方法。この綴じ方はノド(ページの奥部分)いっぱいまで開く事が出来なくなるが、低コストなので冊子などによく使われます。
【中綴じ】
書籍用紙の真ん中を針金で綴じる製本方法。コストも抑えられるので雑誌や冊子などに多く使用されています。中綴じの場合は最大ページ数に限界があります。

書籍の体裁

書籍を作る際の体裁をご説明します。どのような名称でどんな使い方なのかご確認ください。
 ※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
書籍の体裁【カバー】…本を覆うカバー。表紙と同じ絵柄を使ったり、別にデザインされた りも可能。カバーにPP加工を行 うとカラーの艶も出て耐水性・強 度も増します。
【表紙】…基本的に本文の用紙より厚めの丈夫な紙を使います。カバーを使わない場合、この表紙をカラーにすることもあります。
【見返し】…表紙の裏と本文との間に補強的に 使われている紙。基本的に何も印 刷しない事が多い。
【扉】…見返しの次にくるのが本扉です。 書名や著者名を入れます。
【もくじ】…この本のもくじページ。
【中扉】…本文の内容が章などで分かれている場合などに付ける区切りページ。

【本文】
…章のタイトルや見出しを統一して見やすい本文にまとめます。
【あとがき】…著者のプロフィール紹介や作品に対してのコメントなどを記載したりします。
【奥付】…作品名、発行日、書籍価格、著者名、発行社・印刷所名など書籍情報を明記します。

※あくまで参考としてご覧ください。制作される作品のジャンルやタイプによって色々な見せ方がありますので、ご不明な点はお気軽にスタッフにお尋ね下さい。

書籍の各部名称

書籍の各部、呼び方をご説明いたします。
▼ ※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
書籍の各部名称【天・地】…本の一番上の部分を「天」、一番下の部分を「地」といいます。
【小口】…本来は天、地と合わせた三方の端を指しますが通常は「背」の反対側を指す事が多い。
【ノド】…本を綴じてある奥の部分。ノドの周辺は読みにくくなるため、印刷箇所を考慮して制作します。
【柱】…ページの上部や下部などに1行の見出しやタイトルなどを表示する文字。
【ノンブル】…ページ数を表す数字を「ノンブル」といいます。印刷をする際にも重要な目印ともなるので、なるべく表示する事をお勧めいたします。
【写真】…本文などに写真やイラストなどを挿入する場合、どの部分にどの大きさで入れるのか決めて指示をお願いします。
【キャプション】…写真や挿絵などの下に記入する説明文のことを指します。
【見出し】…冊子の章や段落別のタイトル。
【帯】…カバーや表紙などに書籍のPR文や写真などを明記し、書籍をアピールする。

書籍のページ数について

書籍の印刷は1ページ毎に印刷されるのではなく、使用される紙のサイズに合わせて面付けをして印刷されます。

▼ ※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
書籍の各部名称基本的にページ設定として8の倍数もしくは16の倍数で制作されるとコスト的に無駄なく制作できます。ページの数え方は表紙など別用紙を除く、本文や扉などの同じ用紙を使うページを数えていきます。A4の冊子・本文32ページものを制作する場合、左記サイズの用紙を使うと2枚の用紙で作れるということです。ここで本文30ページに減らしても32ページ分の用紙を使うので制作コストが安くなる事はありません。



印刷の色知識

印刷にはカラー印刷、モノクロ印刷・特色印刷とおおまかに分けて3つがあります。
ご予算や制作ジャンルに合わせて印刷方法をお選びいただきます。

【カラー印刷(4色)】
まずカラー印刷ですが基本的にC(シアン)・M(マゼンダ)・Y(イエロー)・K(ブラック)の4原色からなっています。この4色を組み合わせて色々な色合いを出していきます。
CMYKカラー
【モノクロ印刷(4色)】
一般的にいう白黒です。白から黒の中間を微妙なグレーの階調で表現するグレースケールと、白と黒の2色のみで表現するモノクロ2階調があります。
グレースケール・モノクロ2階調
【特色印刷】
CMYK以外の特別なインクを使用して印刷します。
通常フルカラー印刷には使用しませんが、モノクロの黒の代わりに使用したり、2色印刷に使用することが多く、例えばパッケージなど単色で印刷する場合に用いられることがあります。
さまざまな特色印刷が可能です。ご希望に沿ったカラーをお選びいたします
特色印刷
【カラーモードCMYKとRGBの違い】
基本的に印刷物の色の再現は色の3原色である青・赤・黄色(CMY)に黒(K)を加えた4つのインクで色を再現します。それに対しパソコン等で制作するデータなどモニターで表示される色は、光の3原色と呼ばれている赤・緑・青(RGB)で表現されており印刷表現とは異なります。RGBのデータをそのまま出力すると、プリンタや出力機の判断で濁った色に変換される場合があります。

RGB→CMYKへの色変換

画像などCMYKに変換可能なデータは変換してから入稿をお願いいたします。
Photoshopの変換の場合、CMYKプレビューで変換した状態をチェックでき、 変換時に色が変わりますので、色調補正などで調整することをおすすめします。
※基本的には作成の段階からカラーモードをCMYKにしてから制作するのが便利です。

RGBのデータでしか作成できないソフト

Microsoft Officeや一太郎などビジネス系全般ソフトは、RGBカラーが基調となっており、印刷のカラーであるCMYKには対応していませんので、印刷時にはコチラでCMYK色へ変換をさせていただきますが、データ上の色を完全に再現することはできません。特に、発色の強いグリーンやブルーは色が大きく変わってしまいます。
※RGBの基本色をそのままCMYKに変換してRGBでのカラー数値を表示すると下記のような感じになります。
RGB→CMYK変換例

カラーデータをモノクロ(グレースケール)印刷をする場合

カラーで制作したデータをグレースケールで印刷されたいお客様もいらっしゃいます。
制作時にカラーデータをグレースケールに変換して入稿が可能な場合はグレースケールで入稿してください。どうしても変換が出来ない場合などはコチラでご対応いたします。
その際に色の出方のイメージがどうなるのか、下記イラストを参照ください。
カラーデータ→グレースケール変換例
濃い色ほどハッキリ分かりますが、黄色など薄い色は白に近づくので見えにくくなります。

写真等の入稿データ

書籍にイラストや写真データ入稿する際の注意点をご説明します。

カラーモードをCMYKにする

カラーモード印刷データして画像のカラーモードをCMYKに変換して入稿をお願い致します。
画像修正ソフト「adobe photoshop」等で変換が可能です。そのような変換ソフトをお持ちで無い場合など、こちらで印刷用画像データに変換いたします。

解像度を設定する。

カラーモード印刷データして画像のカラーモードをCMYKに変換して入稿をお願い致します。
画像修正ソフト「adobe photoshop」等で変換が可能です。そのような変換ソフトをお持ちで無い場合など、こちらで印刷用画像データに変換いたします。
印刷の種類によって以下の解像度に合わせて画像を修正してください。

   ・カラーの場合 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 400dpi
   ・グレースケールの場合 ・・・・・・・・・・・・・・・・・300dpi
   ・モノクロ2階調の場合・・・・・・・・・・・・・・・・・・1200dpi
   ・Web利用の場合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 72 dpi


ご不明な点は下記連絡先までお問い合せを。

チャレンジ!自費出版!では誰でも気軽に自費出版を行えるようにサポートも万全です。
制作や出版、印刷についてまで幅広くお客様の疑問にお答え致します。
ご不明な点がございましたらフリーダイアルもしくはお問い合せフォームよりご連絡ください。
CMYKカラー お問い合せメールはコチラから お問い合せフォームはコチラ

 

ページの先頭へ