チャレンジ!自費出版! すべての自費出版を応援する。チャレンジ!自費出版! Windows DTPの共和印刷(大阪) 各種印刷・制作から自費出版まで サイトマップ 会社案内 HOME
HOME > MENU > ISBNとは?

ISBNとは!?


ISBNコード(図書コード)とは

ISBN(アイエスビーエヌ)とは(International Standard Book Number)の略で直訳すると国際標準図書番号となり、世界共通で図書(書籍)を認識する為に記載されるコードです。
日本では日本図書コード・図書JANコードととして利用されています。
雑誌を除く、書籍(文庫本や単行本など)流通するほとんどの書籍に対して適用されているコードで、2006年までは10ケタの番号だったが2007年から現行の13桁の番号に変更された。

【ISBNコード表示例】
ISBN 978-4-000000-0-0

このコードの中にはどこの国のどこの出版社・印刷会社で制作された本の、何というタイトルなのかが分かるように番号を設定されています。
これにより、この番号さえ分かれば、本の特定が可能で、書店などでの取り寄せやインターネットでの検索なども気軽に可能となります。
書籍を流通にのせる場合、ほとんどの書籍はこのコードを取得しています。
自費出版の場合で書店流通を考えていない作品でもこのコードを取得する事をお勧めしています。

■書籍JANコードについて
書店などに置いている書籍にはISBNコードの他に書籍JANコードというバーコードを利用した書籍の管理コードがあります。書店に本を置く場合、書籍の売り上げ管理などに使用する為にこのJANコード取得は必須となります。JANコード取得も合わせてお考えのお客様には別途ご対応いたします。
書店設置を予定していない書籍はISBNコードのみ取得が可能です。

ISBNの歴史

ISBNは1966年にイギリスで開発された「SBN」と呼ばれる国内向け規格の利用が始まり、これが1970年より国際標準化機構(ISO)に採用され(ISO2108)、ISBNとなった。
日本では1981年にISBNに関する国際的な枠組みに加盟し、1988年にはJIS X 0305として日本工業規格となる。
2006年までは10桁のISBNコードであったが、発行コードの限界が近づいてきたこともあり2007年からは13桁のISBNコードに移行。これにより10桁のISBNコードは無効となる。
(無効となってもISBN10として検索・注文として利用できるように対応はされている。)

ISBN★日本での管理は日本図書コード管理センターが 行っている。
  http://www.isbn-center.jp/


ISBNを取得するメリット

出版する本にISBNコード(図書コード)を付けるか付けないかは自費出版の場合、著者の自由ですが、ISBNを取得するとどのようなメリットがあるのかご紹介いたします。

まず、日本国内で流通の乗せる為の条件をクリアできます。書店に書籍を置いてもらう為にも必ず必要ということですね。 また、ISBNコードを取得した出版者の登録情報は公開され、国際ISBN機関の編集発行する国際出版者名簿に掲載されます。さらに、国内のデータベースにも登録・公開されます。

国内のデータベースへの登録申請は、日本書籍出版協会のサイトから、「データベース日本書籍総目録」電子媒体登録申込書を送付することにより行います。登録完了後、発行書籍情報を所定のフォーマットで電子入稿することによって、Books.or.jpという書籍検索サイトに登録され、世界中のどこからでも出版者や書籍の検索が可能となります。
これにより、色々な書籍の出版・販売市場の関連部署に知られることとなり、より多くの方へ作品を知ってもらえるきっかけになります。

日本書籍出版協会 Books.or.jp
Books.or.jpで自費出版作品を検索する流れはコチラをご覧ください。

チャレンジ!自費出版!でISBN取得!

チャレンジ!自費出版!を運営する葛、和印刷・出版部ではISBN出版社記号を取得しているので、面倒なISBN取得をお客様に変わって無料で取得代行いたします。
もちろん、合わせて当サイトでお客様の作品をご紹介し、より多くの方へ読んで貰えるよう電子書籍版サンプルなどで立ち読み機能として発表することも可能です。

奥付サンプル※チャレンジ!自費出版!でISBNを取得する際の奥付等の表記。
弊社でISBNコードを取得する場合、発行所・発行人は弊社名義となり、著者名にお客様のお名前が入ります。
商業流通を目的としていない場合でも、価格設定が必要となります。
右画像をクリックするとサンプル奥付がご覧になれます。


ISBNについて詳しくはお電話でお問い合せ下さい。

 

ページの先頭へ